クルマ

【評価】2018新型N-BOXのアクティブクルーズコントロールが便利すぎる【買って良かった】

どうもまさです

新型N-BOXに搭載されている機能に「アクティブクルーズコントロール」というものがあります

ゴールデンウィーク期間中に長距離移動で使用してみたので使用感について感想を交えて紹介していきます

アクティブ・クルーズ・コントロールとは

ACC(Adaptive Cruise Control/アダプティブ・クルーズ・コントロール)は正式名称を「定速走行・車間距離制御装置」と言います。高速道路や自動車専用道路で使用することを前提に開発されたもので、その名の通り、車間距離を一定に保ちつつ、定速走行を車が自動でやってくれる装置です。

ACCが登場する以前は、CC(Cruise Control/クルーズ・コントロール)が主流でした。CCを使うと、車はドライバーが設定した車速で走行してくれます。しかし、車間距離を一定に保つためにはドライバーがブレーキ操作を行う必要がありました。

CCの発展形であるACCでは、車間距離を一定に保つためのセンサーとCPU(コンピューター)が車に搭載されています。これによって、前を走るクルマとの車間距離を一定に保ちながら走る「追従走行」が可能になりました。アクセル操作だけではなく、ブレーキ操作も車が自動で行ってくれるようになったのです。
引用元:選ぼう使おうACC

という具合の機能で、高速道路などで長距離移動する時に運転者の負担をかなり軽減してくれる機能です
ちなみにメーカーにより呼び名が違うけど搭載されています

自動運転に近い代物で、新型N-BOXを購入してから早くこの機能を使ってみたくてしょうがなかったのです

実際に使ってみての感想


アクティブクルーズコントロールを実際に使って300キロ程走行してみました

はっきり言ってめちゃくちゃ便利で運転が楽になりました。アクセルを踏んでいなくていいのでそれだけで体への負担が圧倒的に軽減されます

設定している速度に自動で加減速を行ってくれるのでスピードが出過ぎることもなく、前方に車がいれば設定している車間距離を保ってくれるので安全面でも優秀な機能です

同じ距離を走行する場合と比較しても車を降りた時の疲れ具合が半分ぐらいに感じました。個人的にはこれだけでも新型N-BOXを買ってよかったな思っています

アクティブクルーズコントロールの使い方は簡単

どんな便利な機能も使い方がややこしいとダメですが、新型N-BOXのアクティブクルーズコントロールは使い方も簡単


基本的にはまずは30キロ以上車速が出ている状態でのMAINキーを押して、のSETを押すだけ

これだけです

その後、の+で走行速度をカチカチッと上げてやるだけ、スピードを落とす場合はの−でカチカチッと落としてやる

は車線維持システムのLKASをセットできます。これを押しておくと車線をはみ出しそうになると警告音でお知らせしてくれるので高速走行時はアクティブクルーズコントロールと合わせて使っておきたい機能です

ちなみにを押すと車間距離を設定できます、距離は4段階ですが、近い距離に設定するとかなり前方車に近づくので個人的には1番距離を取る設定にするのが安全でおすすめです

高速道路でも田舎の方にいくと片側一車線のところも多いですが、そういったときに前方に車がいても加減速を自動で行ってくれるので楽ちんです

新型N-BOXは高速走行時も静かで快適

アクティブクルーズは便利ですが、高速走行時の静かさもかなり好印象

高速道路での運転がとにかく快適で、本当に軽自動車なの?といって感覚です

やはりこのあたりが一昔前の軽とは全然違いますね

最後に

アクティブクルーズコントロールは本当にめちゃくちゃ便利。この機能が搭載されているので軽自動車ながら長距離運転も苦にならず快適に走行することができます

室内空間も広く、静音性も優れているので本当にいい買い物をしたなと思います

今軽自動車を買うなら1番おすすめできる車です

以上、【評価】2018新型N-BOXのアクティブクルーズコントロールが便利すぎる【買って良かった】という話題でした